2008年08月21日

アイドリング・ストップでCO2削減

やってますか?アイドリング・ストップ。
バスなんかだと、もう当然の様にやってますよね。
でも、タクシーや個人などではまだまだです。
そりゃ、信号で止まる度に毎度毎度のアイドリングストップでは、
大変だと思います。
でも、私がやっているのは、全ての信号じゃないです。
長い信号だけ。
例えば、国道X号を渡る時とか。
通勤していれば、その信号が長いか否か。
あとどれくらいで青になるかなど、わかりますよね。
長いと思ったらエンジン切ればいいんです。
よくスターターが壊れてエンジンが回らなくなるよって言われますけど、
大きな信号とかなら問題ないですね。
回数も多くないし。
それからね。エンジン切ると、すごく静かです。
当然ですけど。
最近の車は静かになってますけど、
エンジン切ってみると、それでもいかに煩かったがわかります。
音だけじゃなくて、振動とかも感じているのかな。
とにかく、二人で車に乗っていて、エンジン切ると、
シーンとして、そう、特に車の中は外と遮蔽されていて、
静かですからね。相手がつばを飲む音も聞こえて来そうです。
だから、ついつきラジオを付けてしまう。
その位静かです。
そして、スタートする時は、反対側の信号が黄色になったら
エンジン掛ければ十分です。
夜はね。ポジションランプにして、エンジン切ってます。
2-3分だったら、バッテリー上がらないし。
雨の日には、ワイパーも止めます。
こうやって、なるべく電気を消費しないようにして、
アイドリング・ストップをしてます。
でも、まだ隣の車がやっていたところを見たことがないですね。
その位、日本人の意識は低い。
うちの子供なんか、親がそうやって、エンジンを切っているものだから、
信号で止まると切るものだと思ってる。
この前なんか、妻の実家で車で迎えに来て、エンジン掛けっぱなしだったら、
ガソリンもったいないから、エンジン切った方が良いよって、おじいちゃんに
言ってました。
やっぱり、これからはそういう感覚が必要だと思いますよ。
みんなで、アイドリング・ストップしてCO2を削減しましょう!

スポンサードリンク


posted by みりりん at 23:19 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

洗い桶は不要

今回は、食器洗いでいかに水を少なくするかです。
そりゃ、食器洗い機を使ってますから大丈夫っていう人もいますよね。
我が家にも、食器洗い機はあります。
でも、全然使ってません。
家を建った10年前くらいにビルトイン式のものを付けたのですが、最初は使ってましたが、
最近はさっぱりです。
なんだかんだ言っても、やっぱり1時間くらい動くんですよ。これが。
まぁ、水は使い回して洗っているとは思いますが、温水を使うし、熱風で乾かすし、
そうは、効率の良いものでは無いと思います。
良く、手洗いより水を使わないって宣伝してますよね。
それは、水を流しっぱなしで洗った場合でしょうし、丁度、食器洗い機に効率よく入る
食器を洗った場合なんじゃないかと思うんですよ。
例えば、良く4人家族の食器とかって、すごく整然と食器を並べて洗っているでしょ。
あの整然と並んでいる食器を、手で洗った場合ですよ。
でも、実際に使う食器と来たら、そんな事無いわけです。
あんな整然とは並ばないし、例えば、二人で食べた場合、食器の数は少ないけど、
水も電気も4人と同じに使う訳です。
宣伝通りには行きません。。。
でー。主題の洗い桶の話ですが。
洗い桶が、シンクの真ん中に鎮座している訳です。
そして、その中へ食器を入れて浸しておく。
洗う時には、全ての食器に洗剤を付けて洗ってました。
あるとき、妻が、この洗い桶を捨ててしまったんです。
で、洗い桶の代わりは小さなボール。
そして、もう一つ、お米を研ぐときに、その研ぎ水をもう一つのボールに汲んでおきます。
ボールなんて、小さいから2つでも置けるんです。
ご飯の茶碗や味噌汁の茶碗なんて、油は付いてないので、ボールにお浸してある水で、
カスを取って、まとめて重ねて、水洗いしておしまい。
ちょっと油の付いたお皿は、お米の研ぎ水で、汚れを落として、最後に水洗いしておしまいです。
お米の研ぎ水は、油を落とす作用がありますから、これで、一石二鳥です。
どうです。最高に少ないお水で洗い付けが終わりますよ。
食器を洗う前に、お米を研いでしまいますから、次の食事の用意も少し終わってます。
なんか、CO2を削減できたって感じで良い気分です。ルンルン。

スポンサードリンク


posted by みりりん at 23:12 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。