2008年09月09日

水洗トイレでCO2削減

CO2削減がここにきて、とみに叫ばれてますよね。皆さん、考えてますか。
トイレで用を足すにもCO2を消費しているんだそうで。
だって、水を使うでしょ。
その水を浄化する為に、沢山のCO2を消費するらしいです。
だから、水を節約すると言うことは、CO2削減になるんです。
で、表題の水洗トイレでどうやって水を節約するかですけど。
これが、なんと、風呂の残り湯で流してます。ハイ。
水洗トイレなんてものは、用は水が流れれば、いいんです。
流すときにちょっと、コツがあって、
最初にサーっと勢いよく流して、その後、ちょろちょろと流して、
元の水位まで持ってゆく。
これです。この方法です。
トイレと、風呂はどこの家も、同じ水場なので、結構近くにあるでしょ。
そして、お風呂に入った後に、バケツに水を取っておくんです。
そして、じゃーっと流します。
大でもOK。
大体、15リットルくらいあれば、きれいに流れます。
たまには、こぼしちゃったりするけどね。
なんか、トイレで用を足すのにお金がかかるって言うのは、ちょっと納得
しない気もしませんか。
タダで用を足す。
これです。
節約もできてCO2削減も出来る。
いいじゃないですか。
百聞は一見にしかず。是非やってみてください。
意外と簡単ではないかと思います。
あー今式の、電気でスイッチで水を流すタイプはダメかもしれません。
昔ながらの、後ろにタンクが付いていてジャーっと流すのならOK。
今式の方が通常は使う水は少ない見たいですけどね。
こんな時は普通の方がいいです。
第一、今式のモノは、電気部品の便座が壊れると全部交換しなければならないんですよ。
これってもったいないですよね。

スポンサードリンク


posted by みりりん at 23:32 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。