2008年09月16日

惰性走行でCO2削減

今回は、車での走り方でCO2を削減しちゃおうって事です。
車ですからね。燃費を上げようって事です。
得する走り方を教えますね。
以前は、車に乗るって言ったら、やっぱり誰よりも早く目的地へ着きたいって欲求ですよね。
早く走ることが美徳。
隣の車よりも、なんか車線とか変更して、早く走れたらこっちの勝ちだい!って走り方です。
でも、なんでしょう。年を取ったせいか。
いや、車がオートマになったせいもあるでしょうね。
運転してても、そういう、アクセルをふかして、ブーンって走り方はしなくなりましたね。
チェンジもいらないし。
そんな訳で。今の車の美徳は誰よりも燃費良く走る事。
以前、アイドリングストップについて書きました。
今度は、惰性走行です。
エンジンと言うのは、ある回転数以上になると、燃料をカットして、エンジンブレーキを働かせるんです。
だから、例えば、坂道なら、なるべくブレーキ掛けないで、エンジンブレーキを使いましょう。
これで、降りてくれば、すごい燃料の節約です。
で、坂の程度にもいろいろありますよね。
ちょっとアクセルを踏んでいないとスピードが下がってしまう程度の緩やかな坂道。
そんなときは、ニュートラルにしてみましょう。
これで、スピードが下がらなければ、その時の燃料消費はアイドリングと同じですから
燃料の節約になります。
更にですよ。遠くの信号を良く見ていましょう。
赤で、このまま惰性で信号まで辿り着けそうな時には、ニュートラルにして、惰性で走行します。
信号に辿り着く迄には、十分にスピードが落ちて、ブレーキもそんなに踏まなくてもOK.
ブレーキの減りも少なくて、一石二鳥です。
もちろん、その時は、20Km/hとか、それ以下になります。
これが、ニュートラルにしていないと、スピードが落ちると、ギアも落ちてエンジンブレーキが強力に
かかってしまうんですよ。
すごく遅いスピードだけど、全然気になりませんね
満足感を憶えるのは、いかに燃費良く目的地へたどり着けるかなんですから。
ただし、バックミラーを見ていて、後続車があるときは普通に走りましょう。
後続車のドライバーがいらいらするので。

スポンサードリンク


posted by みりりん at 23:37 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。