2008年09月24日

保温鍋でCO2削減

今回は、料理でCO2削減をやっちゃおうって事です。
料理をする時のガスや電気だって、相当なCO2を出してますからね。
これを削減しちゃおうって事です。
我が家でやっている方法。
それは、保温鍋を使うって事です。
皆さん、保温鍋って知ってますか?
二重構造におっていて、鍋の回りをステンレス水筒のようなもので囲って、保温する構造になってます。
我が家で使っているのは、日本酸素のシャトルシェフっていうものです。
この分野では草分け的な存在。
他に、この保温鍋を出しているメーカーはタイガー魔法瓶くらいじゃないでしょうか。
まぁ、メーカーは少ないですけどね。
一度使ってみると、良さがわかります。
ちょっとお値段は高いですけど、大切に使えば長持ちしますので、そこはちょっと我慢かな。
CO2を削減できるんだから、それくらいは今回は仕方がない。
で、どう使うかと言うと、これが非常に簡単です。
調理に使うのは内鍋です。内鍋は普通の構造。ガラスの蓋が付いています。
内鍋を使って普通に調理します。
煮物とかがイイですね。
そして、あと、弱火でぐつぐつと味を染みこませる様な時に、火を止めて、
鍋のまま、保温する外鍋の中にいれて、パタっと蓋をします。
あとは、そのまま放っておくだけ。
これで、10分とか後には、ちゃんと煮えているし、味も付いています。
これで、妻がポトフなんか作ると最高なんですよ。
上手に火が通っているし、味もしみているし。
それでね。保温している間は、火を使っていませんからね。
安全だし。いいでしょ。
是非使ってみてください。
えっ?私は何を作るのに使っているかって?
わたしは、もっぱらカレー作りに使ってます。

スポンサードリンク


posted by みりりん at 23:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。