2008年10月14日

ベッド用テーブルでCO2削減

寒くなって来ましたね。
寒くなればやはり日本人はこたつでしょ。
こたつにあたりたくなります。
これがまた、電気を沢山食うんですよね。
最近は、エアコン暖房っていう家もあるのかな。
でも、所詮、エアコン暖房は部屋全体を温めますからね。効率悪いです。こたつより。
子供さんの部屋はどうしてますか?
やはり子供専用こたつを用意してますか?
実は、親が一生懸命CO2削減に努力していても、子供が使い放題に電気を使っていたりするんですよね。
だから、エアコンも子供部屋は省エネタイプのものにしておいた方がいいです。
リビングより沢山使いますから。
あっ、ちょっと話がそれました。
私が子供の頃は、こたつなんてもったいなかったので、
布団の上に座卓を渡して、勉強をしたものです。
脚は、もちろん布団の中ですから、ぬくぬくであったかです。
こたつ要らず。
ところで、今回の話題はベッドですよね。
よく子供用のベッドって言うのは、転げ落ちない様に、ガードが付いているでしょ。
ここに注目ですよ。
このガードの上に一枚の板を渡しましょうって事です。
ちょっと、病人みたいですけどね。
すごく便利ですよ。
子供って以外な事に喜びますからね。
それで、机に向かう事が多くなればそれで、OKですよ。
板は無垢のものとか選ぶ事ができるし、集成材なら安いです。
我が家は、集成材を1,500円くらいで買ってきて、落ちない様に
裏側にゴム脚がガードの内側に来るように取り付けました。
テーブルは移動するし、子供にとっては快適の様です。

スポンサードリンク


posted by みりりん at 23:51 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。