2008年09月29日

温水洗浄便座でCO2削減(その2)

今回は、温水洗浄便座の第2回目。
もちろん、今回も得する話です。
いくらCO2削減と言っても、やはり、得するっていう美味しいところがないと、
なかなか普及しないものですから。
前回は、風呂の残り湯で流して、水道の節約でしたが、
今回は、電気代の節約です。
夏の間は、便座のウォーマーのスイッチを切ってましたよね。
皆さん、そうだと思います。
でも、最近は、めっきり涼しくなってきて、便座に座ると、ヒヤっとしたりします。
便器を汚さない為に、男も座りションを心がけてますから、
女だけの問題じゃないです。
普通は、寒くなったから、ここらで、便座のウォーマーのスイッチを入れるんですが、
ここはCO2削減。
以前使っていた便座カバーを復活させましょう。
これで、冷やって事は無くなる筈です。
ところで、温水洗浄便座はやはり、お湯でおしりを洗浄しますよね。
これも、対策しちゃいましょう。
普通、おしりを洗うのに、温水を溜めておいてますよね。
温水洗浄便座なんだから当然です。
つまり、使うのは1日に1回でも、ずっと温めているわけです。
結構、電気代つかいますよね。
これを、切ってしまいましょう。
で、使うときにだけスイッチを入れる。
つまり、ウンチをしている間に、温めましょうってことです。
わたしなんか、便秘気味ですからね。
10分くらいは座ってます。
これだけあれば、結構温かくなります。
つまり、
座る→温水の電源を入れる→使う→温水の電源を切る
と言うことをやります。
毎回だと、ちょっと面倒臭いかな。
まぁ、これで、CO2削減できるんですから、文句言わない言わない。
夏の暑い時期には、我が家では水でおしり洗浄してました。
それでもちゃんと落ちます。
これからの季節は、ちょっと厳しいので、温める訳です。
こういったのがいやな人。
でも、CO2削減したいひと。
その人は、座る直前に便座を瞬時に温め、温水も使うときに瞬時に温める機種があります。
そういった機種を使うのも良いでしょう。

スポンサードリンク


posted by みりりん at 23:50 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

保温鍋でCO2削減

今回は、料理でCO2削減をやっちゃおうって事です。
料理をする時のガスや電気だって、相当なCO2を出してますからね。
これを削減しちゃおうって事です。
我が家でやっている方法。
それは、保温鍋を使うって事です。
皆さん、保温鍋って知ってますか?
二重構造におっていて、鍋の回りをステンレス水筒のようなもので囲って、保温する構造になってます。
我が家で使っているのは、日本酸素のシャトルシェフっていうものです。
この分野では草分け的な存在。
他に、この保温鍋を出しているメーカーはタイガー魔法瓶くらいじゃないでしょうか。
まぁ、メーカーは少ないですけどね。
一度使ってみると、良さがわかります。
ちょっとお値段は高いですけど、大切に使えば長持ちしますので、そこはちょっと我慢かな。
CO2を削減できるんだから、それくらいは今回は仕方がない。
で、どう使うかと言うと、これが非常に簡単です。
調理に使うのは内鍋です。内鍋は普通の構造。ガラスの蓋が付いています。
内鍋を使って普通に調理します。
煮物とかがイイですね。
そして、あと、弱火でぐつぐつと味を染みこませる様な時に、火を止めて、
鍋のまま、保温する外鍋の中にいれて、パタっと蓋をします。
あとは、そのまま放っておくだけ。
これで、10分とか後には、ちゃんと煮えているし、味も付いています。
これで、妻がポトフなんか作ると最高なんですよ。
上手に火が通っているし、味もしみているし。
それでね。保温している間は、火を使っていませんからね。
安全だし。いいでしょ。
是非使ってみてください。
えっ?私は何を作るのに使っているかって?
わたしは、もっぱらカレー作りに使ってます。

スポンサードリンク


posted by みりりん at 23:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。