2008年08月05日

洗い桶は不要

今回は、食器洗いでいかに水を少なくするかです。
そりゃ、食器洗い機を使ってますから大丈夫っていう人もいますよね。
我が家にも、食器洗い機はあります。
でも、全然使ってません。
家を建った10年前くらいにビルトイン式のものを付けたのですが、最初は使ってましたが、
最近はさっぱりです。
なんだかんだ言っても、やっぱり1時間くらい動くんですよ。これが。
まぁ、水は使い回して洗っているとは思いますが、温水を使うし、熱風で乾かすし、
そうは、効率の良いものでは無いと思います。
良く、手洗いより水を使わないって宣伝してますよね。
それは、水を流しっぱなしで洗った場合でしょうし、丁度、食器洗い機に効率よく入る
食器を洗った場合なんじゃないかと思うんですよ。
例えば、良く4人家族の食器とかって、すごく整然と食器を並べて洗っているでしょ。
あの整然と並んでいる食器を、手で洗った場合ですよ。
でも、実際に使う食器と来たら、そんな事無いわけです。
あんな整然とは並ばないし、例えば、二人で食べた場合、食器の数は少ないけど、
水も電気も4人と同じに使う訳です。
宣伝通りには行きません。。。
でー。主題の洗い桶の話ですが。
洗い桶が、シンクの真ん中に鎮座している訳です。
そして、その中へ食器を入れて浸しておく。
洗う時には、全ての食器に洗剤を付けて洗ってました。
あるとき、妻が、この洗い桶を捨ててしまったんです。
で、洗い桶の代わりは小さなボール。
そして、もう一つ、お米を研ぐときに、その研ぎ水をもう一つのボールに汲んでおきます。
ボールなんて、小さいから2つでも置けるんです。
ご飯の茶碗や味噌汁の茶碗なんて、油は付いてないので、ボールにお浸してある水で、
カスを取って、まとめて重ねて、水洗いしておしまい。
ちょっと油の付いたお皿は、お米の研ぎ水で、汚れを落として、最後に水洗いしておしまいです。
お米の研ぎ水は、油を落とす作用がありますから、これで、一石二鳥です。
どうです。最高に少ないお水で洗い付けが終わりますよ。
食器を洗う前に、お米を研いでしまいますから、次の食事の用意も少し終わってます。
なんか、CO2を削減できたって感じで良い気分です。ルンルン。

スポンサードリンク


posted by みりりん at 23:12 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

風呂の残り湯は全部使おう!

皆さん、風呂の残り湯はどうしてますか?
お風呂に入り終えたら、直ぐにお湯を抜いて、綺麗にしておくとか。
う〜ん。確かに、その方が湿気が少ない気もするんですけどね。
それじゃ水がもったいないですよね。
全部、洗濯に使いたいです。
我が家では、物心ついた時から、洗濯と言えば、風呂の残り湯を使う習慣が付いてました、
だから、全然違和感無く、というか、当然のごとく。
使わない方が、おかしいっていうくらいに、洗濯と言えば風呂の残り湯でした。
最近の洗濯機は、ちゃんと洗濯機自体に風呂の残り湯を使うモーターが付いてますから
単純に洗濯の時に隣の浴槽に吸い上げるホースを入れるだけ。
更に、どの段階まで残り湯を使うのか指定ができるんですね。
洗濯と言うのは、洗いとすすぎ2回、そして脱水して終了と言うパターンになってます。
つまりは、洗いだけ残り湯なのか?洗いと、1回目のすすぎなのか。
2回目のすすぎまでなのかを選択する事ができます。
もちろん、タイマーでやる事も出来ますから、もう、全然不便はない訳です。
そういった機能がない洗濯機の場合には、思い切って買い換えましょう。
我が家の洗濯機は去年買ったものですが、以前使っていた10年前のものでは、
風呂の残り湯モーターは無かったから、ホームセンターで風呂の残り湯吸い上げモーターを
買ってきてやってました。
ハッキリ言って面倒!普通の人ならやる気がしません。
なぜなら、水量を見ていて止めないと、止まらないんですよ。水が。
それと、タイマーが使えないから。朝、起きたら、洗濯物を干してから出勤とか出来ないんですよ。
洗濯機を変えたら、使う水の量もずいぶんと減りました。
だって、今の洗濯機は洗いながら、底の水を吸い出して、上から落としたりするんですよ。
昔のは、豊富な水の中で洗うって感じでしたが、今のは、お湯が少なくていいんです。
浸す程度にあればいい。上から水を掛ければ良いわけですから。
と言うわけで、
皆さん、風呂の残り湯は洗濯機に使いましょう。
残り湯吸い上げモーターの付いていない洗濯機は思い切って買い換える事。
これが、CO2削減な生活です。

スポンサードリンク


posted by みりりん at 00:07 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。